カテゴリー‘あなたへの一言’

自分の今の仕事をしっかりする。

人の集まりの中で他者との対話を大切にする事。

仲間との会話を意志を持って継続する事。

仕事・・・作業の話ばかりでなく

昨日、家であった出来事を聴いてもらったり

息子がサッカーの大会で大活躍した事を

職場で自慢したりする時間が

実は大切なのかもしれません。

 

 

会話する事を意識して職場で動いてみる事と

更に肝心なするべき毎日の仕事については

雑談が多くて一見フラフラしているようにしか見えなくても

しっかりと自分の目前の仕事と言われている

作業、業務、やるべき事を畑を耕すように継続していく。

その活動で他者が通る道にぽっかり空いた穴を埋めていく。

そうしていくうちに畑の土は肥えてくると思うのです。

穴が埋められて怪我をする人が減っていきます。

 

 

自分に向いている仕事って何なのだろうか?

自分でなければならない業務と思い込み過ぎていませんか?

周囲の仲間の頑張りが目に入らなくなってきますよ。

確かに、自負心という部分は様々な活動の原動力になりますが

そんな思い込みが自分には強すぎるかなと思ったならば

自分がその場所に存在しなければ

何かの事情で途中退場しなくてはならない場合の事を考えると

自信過剰状態にならず、仲間との関係を大切にしつつ

自分にもできる事は何だろうかと思いを馳せ

黙々と目前の仕事という業務に突き進む事が大切です。

 

 

仲間との何気ない会話を楽しみつつ毎日少しずつ進む。

決して焦らないという事が大切です。

これをしなくてはならないという場面はあります。

資格試験にどうしても合格しなければならない…

納期が決まっている製品を10,000個完成させなくてはならない…

月間2,000万円の売り上げを維持していかなくてはならない…

沢山の「ねばならない」事があまりにも多すぎて

疲れ果ててしまう可能性が見え隠れします。

 

(さらに…)

有限の世の中ですが固執しすぎず柔軟に長生きする!

☆☆☆今回の想い☆☆☆

 

何故…

人は学び続けなければならないのか?

どうして…

勉強しなければならないのか?

 

この次元で悩んでなかなか歩を

前に進められない人もいます。

 

また…

学びという次元においては

苦もなく勉強をコツコツ

できる人もいます。

 

ところが、こんな方でも

社会人となり思わぬ苦行に

さらされる事もあります。

 

それぞれのステージで

活動している人が

様々な状況で

解決しなければならない

それぞれの方の今までの生き様から

苦しい状況と感じられる

状態に陥ってしまった場合に

どのような行動が

要求されるのでしょうか?

 

「そんな時に、どう考えるか!」です。

私たちは本質的で根本的な

「今まで常識と思い込んでいた意識」

その『意識』の改革を起こさなければ

生き抜いていけない可能性が

出てくる事もあります。

 

このように改革していく事に

成功していかないと

小手先の対応策では

何も変わらないと思うのです。

 

現在、私たちが持っている情熱を

いかに削減していくかという

そんな考え方ではなく

限られたエネルギーの中で

これから如何に

 

「幸福な自分」「幸福なコミュニティ」

「幸福な社会」を想像し

実現させていくか…と思うのです。


(さらに…)

こんなところに運命の分かれ道が待っている!

☆☆☆今回の想い☆☆☆

 

 

こんな事を考えながら

新築の家の工事現場で

汗を流す人々を見詰めながら

過ごした事がありました。

 

 

その人は綺麗に焼成された

オレンジ色のレンガ様のブロックを

一つ一つ黙々と積み重ねていました。

 

 

その作業にたずさわっている職人は

5名程いたと思います。

 

 

その職人は何を考えながら

たくさんのブロックを

積み重ねているのでだろうか?

 

 

このブロックの積み重ねの先に

待っている完成図は

皆さんきっと見ているはずです。

 

 

暑い中でその完成に向けて

どんな事を考えながら一つ一つの

ブロックを積み重ねているのかに

差がきっとあると感じたのです。

 

 

黙々と一個ずつ積み重ねていく

ブロックを見詰めながら

『黙々とこのブロックを

重ねていく事で

素敵な家の囲いが

出来上がっていくんだ。』

と考えながら作業できる人。

 

『暑くて汗が吹き出して

喉は乾くし、腕は筋肉痛で

痛むし、本当に疲れる作業だよ。』

と考えてしまう人。

 

 

この考え方の違いは

単なる考え方の相違であって

大した事ではないように

感じたものの…

何か心に引っ掛かりが残りました。

 

 

また、この考えはこんな状況について

しっかり考える機会になり

一つの答えが得られるように感じたのです。
(さらに…)

心配事の確信を受け入れ、本当の前向きな姿勢になれ!

☆☆☆今回の想い☆☆☆

 

会社勤めをしていると

色々と愚痴が多くなってきます。

 

この前の出張の精算が

まだできていないのに

終業後に食事に誘われている…

行きたくないけどな~。

 

課長はきっと暇なんだろうな!

飲みに行く暇があったら

少しでも早く帰りたい。

 

3日後の商品説明会の準備もあるし

お得意先の事ばかり考えて

胃がキリキリして

下痢と便秘の繰り返しというのに…

 

ここで立ち止まって考えます。

 

課長や部長は専務と

時折食事会に出かけているな~

きっと気が重い時もあるだろうな~

 

もっと上を想像してみると

 

常務や専務は

社長と過ごす時間が多いよな。

胃が痛いよな~。

 

きっとみんなそれぞれの立場で

大変な毎日を過ごしているのだ!

 

さらに想像力を働かせて

一番上で孤軍奮闘している社長は

きっと気苦労の多い毎日を

過ごしているのだろうな!

 

毎日の心配事を無くしたいのであれば

社長という立場を放棄して

今の会社の経営を

辞めるしかないと思います。

 

3日後商品説明会の心配も大きけれど

社長の仕事は…社員の心配する事。

心配されている事に感謝して

仕事をしなければならない。

 

 

★★★ちょっとした心得★★★

 

この世に生まれてくると

様々な悩みに

押しつぶされそうになります。

 

こんな時には

人の得意分野の想像力を

しっかりと働かせ愚痴や文句

批判や悩みとどの様に

向き合っていくのか考えてみたい。

 

どのような状況であっても

本物のプラス思考に至るには

心配事や悩み事に

消えてなくなれと念ずる事ではなく

悩み無しの状態は存在しない。

 

心配も悩みもそのままにして

受け止めていく姿を作っていく。

 

心配事の確信を受け入れられず

四苦八苦している時にこそ

本当の前向きな姿勢を

得られるのかもしれません。

柳に風と聞き流してしまいましょう!

☆☆☆今回の想い☆☆☆

 

批判を浴びせられて

道に迷ってしまった事は

ありませんでしたか?

 

陰口、悪口、立ち聞き、噂話

こういった事が好きな人が

多いと感じませんか?

 

あなたは… そうではないかもしれません。

好きではないと否定しても

人は批判を浴びせかけてきます。

 

直接、間接の違いはあっても

言われもない理不尽な考えを

押し付けられる事には

ほとほと参ってしまいます。

 

こんな時にあなた自身の心の中で

やましいところがなければ

それはそれで柳に風と聞き流していきます。

 

その様にできるとそういう陰口も

瞬く間に消え去ってくれます。

 

★★★ちょっとした心得★★★

 

自分の力で上運気をつかみ取る人は

「人からよく見られたい、批判されたくない」

という思い込みを忘れ去る事ができる人です。

 

人からあなたがどう見られているか

という事に対する客観的な洞察力は

必要にはなりますが

 

あなたが他人から何が何でも

気に入られなければならないと思う事は

まったく意味のない、心の働きなのです。

あなたにとっての成功はどこにあるのでしょうか?

☆☆☆今回の想い☆☆☆

 

サラリーパーソンのあなたへ

 

サラリーパーソン応援団で

そのサラリーパーソンの私は

ビジネス書や啓蒙書を読んで

一念発起とばかりにこんな事をしだすのです!

 

生活全般、趣味的活動…特に仕事において

無理矢理に目標設定して

何としても達成しなければならないと

心に強く刻み込んで頑張る。

 

この様な行動をとってしまうと

ものすごく苦労を強いられると

感じる様になりました。

 

しかも、悲しい事に

思った程の成果という結果が上がらないのです。

 

ところがです!

心掛けを少し変えて毎日の仕事を楽しみながら

なおかつ毎日の一つ一つの活動が

充実してきたのであれば

一つの成功がきっと舞い込んできます。

 

★★★ちょっとした心得★★★

 

今、達成感を感じられている個人

どんどん成長してきている企業

素晴らしい存在感を放っている企業は…

無理からにある一定の目標を設定して

その目標が達成されたら成功だと

考えているのではなく

 

「現在、ある瞬間」に

そこにこそ充実があるのだと

考えているのだと思います。

 

この考えや実践、結果はこのような企業で働く

一人一人のサラリーパーソンについても

言える事だと思っています。

 

それは…

「いつの日にか成功する」と将来に託すものではなく

違う価値の成功をこんな個人や会社は

すでに収めている事になりますね。

あなたが選んだ道が・・・最善の道であると確信して下さい!

☆☆☆今回の想い☆☆☆

 

「実践の道」「研究の道」どちらに進みますか?

 

「実践の道」を進みながらも

「研究の道」の方が自分には

合っていたのかもしれないと

思いだしたとします。

 

また、「実践の道」を邁進していたのに

「研究の道」で知人が一定の結果を

手にした事を知ると心にさざ波がたった場合…。

 

こんな考えに心を奪われてしまうと

無意識のうちにあなたの心のエネルギーが

急に低下してしまって

今、歩んでいる「実践の道」で

結果的に失敗してしまうのです。

 

この失敗は予測できる出来事ですね。

 

★★★ちょっとした心得★★★

 

あなたが選んで今、歩んでいる道。

ひたすらにひとつの道を選んで全力で進んだのに…

 

今回の様に失敗した場合は

どうすれば良いのでしょうか?

 

その時は、こんな風に考えてみませんか!

 

その失敗をこれからの人生の「かて」

としてしまうのです。

 

そうする事に成功すると

今回の出来事は間違いでなくなります。

一切の失敗は霧と消えてしまいます。

 

どうしてかと申しますと

一所懸命に行なった事は必ずあなたに

ある種の学びを運んでくれて

例え、その時には失敗したように見えても

人生という長い時間で見れば

間違いなく何らかの道を

さし示してくれるからだと感じるからです。

 

あなたが選んだ道が

少々寄り道してしまっても

最善の道である事を確信して下さい。

たとえ20人に1人でも解っている人がいると感じる限り…

☆☆☆今回の想い☆☆☆

 

松下幸之助さんがこんな言葉を残されています。

「君なぁ、座布団に前後ろ、裏表があるのを知っているか?」

「ほとんどの人は座布団が前でも後ろでも 気にせえへんやろう。

  でもなあ、20人に1人、これが解る人がいるのや。

  僕はそのためにやってるんや。」

 

そうなんです。

知らぬは私一人なり。

相手の言っている事がたいていは正しいと思っておいた方が良い。

 

世間には色々な人がいます。

これくらい知っていれば十分だろうと

浅考してもきっと見抜かれてしまいます。

 

そう思って、日々の学びや業務に取り組む事で

良きものを生み出していける可能性が高まると感じます。

 

★★★ちょっとした心得★★★

 

20人のうち19人を相手にすれば良いという考え方も当然あります。

しかし、ここで熟考しなくてはならないと感じます。

 

本当にその物事の本質が解っている人が

この世には存在すると感じておく事が重要です。

「慧眼(けいがん)の人」が、私の考えている事

今、手がけている事に対して厳しい目を向けてくれていると意識する事。

 

自分の行動を厳格な心で判断している事を

考えるとそれらをおざなりにしてはならないと思います。

「因果応報」その結果にいたった裏にあるものは…!

☆☆☆今回の想い☆☆☆

 

因果応報「いんがおうほう」

 

仏教語で,因果報応とも言われています。

その善悪の原因があれば

必ずそれに相応するような

楽苦の結果のある事をいうものです。

 

色々な会議、いつもの話し合いお得意先での説明会等において

「失敗したらどうしよう」という意識が

ムクムクともたげてくる事がありますが

この意識をコントロールする事は可能でしょうか?

 

そうなのです… この思い込みはきっと無意味になります。

 

「やるべき事をやるだけです。

そうするときっと結果がついてきます。」

 

ただそう思う事です。

 

★★★ちょっとした心得★★★

 

その時、心を込めて話す事、何事かを行ったとすると

必ずどんな結果であっても

あなたの人生に成長をもたらしてくれます。

 

因果応報は仏教語ですが…

この言葉は元気を授けてくれそうです。

 

頑張って準備し勇気を持って真摯に語れば

成長という結果がついてくる …という事が心の真実なのです。

 

今までもこれからも人生というのは

実に不可思議でその様に仕組まれていて

一見すると理不尽に見える事でも

必ずそこには意味がありますし

思った以上に人生はよくできていると感じられます。

当時のフランスの普通の女の子

ジャンヌダルクという少女が

600年前に・・・

この世で生き活きと生活していました!

 

その当時のフランスの普通の女の子として

恋もして楽しい毎日を送っていたのですね。

 

そんな彼女ですが・・・

一般的なフランスの少女と異なる点が

一つあったとの事・・・

 

それは・・・

 

『彼女はとても喜んで働き色々な事に誠心誠意向かい合い、没頭した。」

という点であったと話しで聴きました。

 

私は・・・

自分と他者を比較したり

うらやましく思ってみたり

批判してみたり

影口を言ってみたり・・・

わずかな悩みに捉えられてしまいやすいそんな凡人。

 

誰か・・・

『人のために』進むそんな凛とした生き方に

貫かれていたというジャンヌダルクという少女の

600年前の生き方!

 

だから幸福がやってくるのですね。

そんな生き方も素敵ですね。

素敵な曲に出会えます様に!

【AI Story】 いい音楽は人生の良き伴侶!

メールマガジン登録は↓

日々の活動に役立つでしょうか?
ページトップ