有限の世の中ですが固執しすぎず柔軟に長生きする!

☆☆☆今回の想い☆☆☆

 

何故…

人は学び続けなければならないのか?

どうして…

勉強しなければならないのか?

 

この次元で悩んでなかなか歩を

前に進められない人もいます。

 

また…

学びという次元においては

苦もなく勉強をコツコツ

できる人もいます。

 

ところが、こんな方でも

社会人となり思わぬ苦行に

さらされる事もあります。

 

それぞれのステージで

活動している人が

様々な状況で

解決しなければならない

それぞれの方の今までの生き様から

苦しい状況と感じられる

状態に陥ってしまった場合に

どのような行動が

要求されるのでしょうか?

 

「そんな時に、どう考えるか!」です。

私たちは本質的で根本的な

「今まで常識と思い込んでいた意識」

その『意識』の改革を起こさなければ

生き抜いていけない可能性が

出てくる事もあります。

 

このように改革していく事に

成功していかないと

小手先の対応策では

何も変わらないと思うのです。

 

現在、私たちが持っている情熱を

いかに削減していくかという

そんな考え方ではなく

限られたエネルギーの中で

これから如何に

 

「幸福な自分」「幸福なコミュニティ」

「幸福な社会」を想像し

実現させていくか…と思うのです。



★★★ちょっとした心得★★★

 

小説を書いたり

家を建てたり

寿司を握ったり

服を仕立てたり

 

今、生活している世間は

無限に広がっていく空間でなく

限りのある空間です。

 

人の命も含めて

資源には自ずと限りが存在し

無限に家は建たず

無限に寿司を握り続ける事は

不可能なのがこの世です。

 

ある学者が新しい物を

発見したとします。

その新しい物は

一時的に人を無限の世界に

誘ってくれるかのように

感じるのですが…

結果は、その様にはなりません。

 

有限の世界の中で

進歩し、発展し続けると思うのですが

いつか終わりがくる事は

理解できます。

 

だから…

無限に欲求を肥大させる事は

不可能です。

いつの日か終わりがまいります。

今、大きな失敗をしでかしたとしても

他者からよってたかって

いじめられても

その状況は無限には続かないのです。

 

だから、有限の時間ながら

その中で、また立ち上がって

歩を進めれば、良いのではないかと

思うのです。

 

間違った事を言われたとしても

反論したいところであっても

有限の時間の中で

その反論に様々な情熱を

費やす愚をおかして

欲しくはありません。

 

富や名声を無限に求める

資本主義的な論理の中で

人の気持ちは癒される事は

なかなかありません。

有限の世の中ですが

生きた方は色々あります。

 

固執しすぎず

柔軟に長生きする事が

最高の有限的な人生の

送り方と思うのですが…!


コメントをする





素敵な曲に出会えます様に!

【AI Story】 いい音楽は人生の良き伴侶!

メールマガジン登録は↓

日々の活動に役立つでしょうか?
ページトップ