大切だけど振り回されやすい・・何!?

学校や職場では様々な活動のその結果に

振り回される人がほとんどだと思います。

 

学生であれば・・・高校生になっても

社会人であれば・・・20年近く勤めると

その学校や職場において

自分がどの位に評価されているのか

分ってくると思います。

 

こんなに毎日勉学に勤しんでいるのに・・・

これ程来る日も来る日も職場で同じ業務に精一杯

「取り組んでいるのだ。」

 

もっと良い評価を得られても

いい様なものじゃないか・・・

と感じておられる方は意外と多いと思います。

 

では・・・

評価されないその理由のついて考えてみます。

 

①自分が通っている場所(職場・学校)がいけない

②物事のタイミングが良くない

③会社や学校のシステム、先生や上司がいけない

④今の時代や取引先・学校が

自分の扱う・持ち合わせている商品やサービス・能力を 理解していない

 

学生生活においても適正な評価は

なかなか得られないものですが・・・

社会人となると更に

不当な評価をされると

感じる事が多くなると思います。

 

40歳代の社会人が感じる心の叫びは・・・

頑張ってきたものの「その分野で芽が出ない・・・。」事への

イライラ感や激しくはないものの絶望感を抱いている・・・

といったところが本音だと思います!

このような積もり積もった感情

という濁流に流されてしまわない事が・・・

40歳代を軽やかにしかも確実に進んでいく

鍵となると思っています(^_^)

 

社会人のほとんどの方は

ほぼ恒常的に不当な評価を感じつつ

職業人生を送っていると言われています。

 

特に働き出して20年前後・・・40歳を迎えた

サラリーパーソンは所属する

組織力学理想と現実の狭間で徒労感を覚えている方が

多いと思います。

 

働き出して間もない頃は

自分の能力を少々過信して

勘違いを重ねつつ前進できるものですが・・・

40歳を超えると目前の障壁が高すぎる事に絶句し

その高き壁をよじ登る心構えさえ・・・

絞り出せなくなってしまっているところが

辛い部分と感じています。


コメントをする





素敵な曲に出会えます様に!

【AI Story】 いい音楽は人生の良き伴侶!

メールマガジン登録は↓

日々の活動に役立つでしょうか?
ページトップ