変わり映えのしない人生になるのではないかと・・・

こんな会話を父親とした事を思い出します。

 

中学3年の夏でした・・・

 

父親が高校受験のための勉強中の私に

「大学には行くのか・・・。」

「どこにでも行けるよ!」

「ホ~。こんな勉強で合格できる大学があるのか?」

「さあ・・・大丈夫と思うけど・・・。」

 

こんな会話の後・・・

 

「高校までは面倒をみてやる。

大学に合格したらお前が得なだけ。

浪人は許可しない。

その時は素直に働いて稼ぎ

行きたいのなら自分で稼いだお金で

大学にでも行け。それだけだ・・・。」

と言い残して父親は部屋から出ていきました。

 

あれから数十年という時が流れました。

40歳代となった私が今考えている事は・・・

 

中学生の頃は

「何でもできる。何にでもなれる。

大学なんて・・・簡単に入学できる・・・」

と考えていた事を思い出します。

 

今、考える40歳代でできる事、できない事・・・

 

40歳になると

『何でもできる』と考えられる人の数は

極端に少なくなると思います。

何か新しい事に挑戦しようと思い立っても

「これならできそうかな?」

「これは今の自分には無理かな?」

という事があらかじめ分かってきてしまいます。

 

例えば・・・

 

「今の職場内では上手くやっていけるが

独立できるタイプではない・・・」

 

「コツコツと目の前の事には集中して取り組めるものの

先頭に立って人を引っ張っていく事はできないな・・・」

 

「試してみたい事は頭に浮かんでくるが

実行に移せないな・・・」

 

といった具合にほぼ自分の事が分かってきています。

 

考えた事が全てできないという事ではないにしても・・・

人生、この先あまり大きな変化は

訪れることはないだろうな~

 

変わり映えのしない人生になるのではないかと

薄々感じているといったところではないでしょうか?


コメントをする





素敵な曲に出会えます様に!

【AI Story】 いい音楽は人生の良き伴侶!

メールマガジン登録は↓

日々の活動に役立つでしょうか?
ページトップ